ロシア公団と独占ライセンス契約締結をして30年です!

人間の腸の中には、腸内細菌と言われるたくさんの細菌が存在します。

健康状態によっても差がありますが、その数は平均して約100兆個ほどになります。

菌の種類にすると約100種類。それらの細菌を大きく分けると、善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3つになります。

善玉菌の代表と言えば、ビフィズス菌や乳酸菌などでしょうか。これらは、腸の動きを活発にさせて排便をスムーズにしたり、身体の免疫機能を高めたり、ビタミンを合成したり、悪玉菌をやっつけるなどの働きをしています。

一方、悪玉菌の代表は、大腸菌やブドウ球菌など。これらは善玉菌の働きを邪魔したり、病気の元となる有害な物質を作るなど、身体に悪影響をもたらします。

そして、日和見菌は腸内で最も数が多く、善玉菌が優勢な時は善玉菌の味方をし、悪玉菌が優勢な時は悪玉菌の味方をする性質を持っています。

どんなに健康な人でも、悪玉菌を無くすことはできないのですが、常に善玉菌優位の状態に保つことが健康の秘訣なのです。